プラセンタの安全性

使い方によってはとても有効なプラセンタですが、安全性についてもう一度きちんと理解しておきましょう。

まず副作用ですが、無いとは言えません。
ただ重度のものは無く、身体が慣れることで解消する場合も多いものです。
注射の場合は注射した部分の痛みや腫れ、発熱といった比較的強めの副作用が出る場合がありますが、これも得られる効果と照らし合わせると有用性のほうが高いとされる範疇のものです。

次にプラセンタそのものの品質に関する安全性ですが、医療に使われる薬としてのプラセンタではなく、サプリメントやドリンク、健康食品などに使われる哺乳類由来のプラセンタについて考えてみましょう。

心配されるのは感染症などを起こす病原体です。
今までのところそうした事例は報告されていませんが、元となった哺乳類になんらかの病原体が感染していたことによる発症というのは、今後も含めて可能性を完全に否定出来るものではありません。
ただ、豚から人、馬から人というように、種を超えた感染が突然起こるというのは考えにくく、プラセンタを経由して人間に感染するというルートは確率的には非常に低いと予測されます。
サプリメントに加工される段階で幾度と無く殺菌処理がなされていますので、その確率は更に低く抑えられるでしょう。

大事なのは、プラセンタそのものというよりは、その製品を作っている製造元の信頼性に大きく関わるという点は間違いありません。
細かい調査を行えば安心出来るとは思いますが、まずはあまりにも安い価格であったり、由来や製造過程がはっきりしないような製品に手を出さないなどのリスク回避を行えば、使用に耐え得る安全性は確保出来るのではないでしょうか。