更年期障害とプラセンタ

女性に多いと言われる更年期障害ですが、治療薬として国から認められているメルスモンというプラセンタは、保険適用を受けられる正式な薬です。
更年期障害は40代を超えたあたりから人によって現れるさまざまな辛い症状ですが、原因は女性ホルモンの急激な減少に身体がついていっていないということですので、女性ホルモンであるエストロゲンを直接注射する治療なども行われています。

エストロゲンは、女性ホルモンそのものと考えて良いですが、プラセンタは女性ホルモンを分泌する機能を高める作用があると考えてください。
両方を併用して注射する治療が行われるのは、減ってしまった女性ホルモンをとにかく一時的に補給するという治療と、機能を高めることで本人の女性ホルモン分泌量を増やすという治療とを同時に行う相乗効果を狙ったものです。

女性ホルモンの急激な減少は動脈硬化や骨粗粗しょう症を招きやすいとも言われていますし、自律神経が乱れて不眠になったりイライラしたりといった精神の不安定も呼んでしまう場合があります。
治せる手段があるなら、是非うまく活用して乗り切っていきましょう。

注射は一番即効性の高い治療法ですが、内服でももちろん効果はあります。
抵抗がある場合にはまず自宅でプラセンタを飲むところから始めるのも有効でしょう。
ただし、注射は医療ですのでヒト由来のプラセンタが使われますが、市販のサプリメントやドリンクは豚や馬などの哺乳類由来のものが主流です。
なるべく良質で成分量の高いものを選ぶ必要がありますので、安かろう悪かろうにならないように、しっかり選んでくださいね。