プラセンタとは?

プラセンタというのは、美容に詳しい人はよく聞く言葉でしょう。
直訳すれば、胎盤という意味の英語です。
でも、化粧品や食品に使われているのはもちろん胎盤そのものではなく、胎盤から抽出したGF(成長因子)と呼ばれるものです。
GF=グロースファクターというのは、動物の細胞を分裂させて成長させる新陳代謝の大元です。
細胞再生因子とも言われますが、年齢と共に減少する細胞で、この補給こそがアンチエイジングに欠かせない要素だと言われています。
プラセンタにはこのGFと必要栄養素が含まれていて、新しい細胞を生み出す力を人体に与えてくれるのです。


近年ではプラセンタの効能や機能が科学的に証明されるようになって、世界中で研究が盛んに行われるようになりました。
最初は単に栄養素として捉えられていましたが、実際には細胞分裂をコントロールするGFまで含まれていることがわかり、新しい細胞を創り出す働きに注目が集まりました。
もともと胎児がものすごいスピードで成長を続けるために必要な因子ですから、そのパワーのすごさは想像に難くありません。
がん化した細胞は増やさず、末梢の血管まで創り出す能力があると言いますから、究極の若返りも今後の研究によっては有り得るかもしれませんね。

プラセンタの力は肌や臓器への影響に留まらず、ホルモンバランスを整えることで自律神経の乱れを調整する働きもあると言われています。
精神的なバランスを崩した場合にも効果が発揮され、やる気が出たり生きる活力が生まれたりといった成果も認められています。